政府がまとめた

 

 

「核攻撃を受けた場合の」避難施設に求められる機能や工夫

 

では、

 

 

 

避難所にには

・換気扇への高性能フィルターの貼付

 

とあり室内の清浄は必須です。

 

 

 

 

避難所または自宅での避難では

 

・換気扇や窓を閉じる

・一番気密性の高い場所を把握する

・人の出入りは最小限に抑える

・マスクをする

・折りたたんだハンカチ等を口や鼻にあてる

・移動の際、長袖、長ズボンなどを着用する

 

等があります。

 

 

 

 

核攻撃を知った瞬間、先ずマスクの着用です。

 

自宅をふくめた避難場所の、

 

ドア、窓はビニールで覆いテープで隙間を塞ぎます。

 

 

 

 

 

換気扇は使ってはいけません。

 

通常の換気扇では外部から汚染物質が入ってきます。

 

 

室内は、

「空気清浄機」により室内を浄化し続ける。

 

ことが大事です。

 

空気清浄機は加湿も行うタイプがいいでしょう。

水の粒子が、汚染物質を取り囲み浮遊を抑えると考えられているからです。

 

なので、超音波加湿器はその効果は期待できます。

 

 

空気清浄機を用意できない場合、一般的に超音波加湿器は安価ですのでこれだけでも

完備しておいて欲しいです。