蓄えておいた水が減ってきたら、それに代わる飲料水を見つける必要があります。

 

まずは、冷凍庫に氷がないか探しましょう。

 

ほかには、フルーツの缶詰に入ったシロップ、野菜や食品の缶詰に入った液体からも水分の

補充はできます。

 

その次に、水道管に残っている水を利用します。

 

 

まず、外部から汚染された水が流入することを防ぐため、元栓を閉めます。

 

家の中で最も高い場所にある蛇口を開け、

 

最も低い場所にある洗面台に栓をして準備します。

そして、低い場所のほうの蛇口を開ければ、空気の圧力で出た水を溜めることが

できます。

 

 

給湯器とお湯の配管にも水は残っています。

 

はじめに電源を切るかガスの栓を閉め、給湯器の給水場バルブを閉じます。

 

そして、水抜き栓を開けたら、水を溜める準備をしてお湯側の蛇口を開けます。