· 

放射性物質

政府が有事の際の国民向けマニュアルを公開しました。

 

このマニュアルを公開したのは内閣官房の公式サイトで、警報が鳴ってからの避難行動や核爆発時の対応等が記載されています。

 

 

マニュアルによると、ミサイルなどの攻撃時は屋内へ避難し、状況に応じて行政機関からの指示に従って行動をするのが良いとのことです。

 

避難先として近隣の堅牢な建物や地下街への避難が推奨されています。

 

 

また、核兵器のような大型爆弾が投下された場合、「閃光や火球を直視すると失明するおそれがある」との注意事項が書いてありました。

 

核兵器の時には地下施設やコンクリートの建物であればより安全だとして、

「上着を頭から被り、口と鼻をハンカチで覆うなどにより、皮膚の露出をなるべく少なくしながら、爆発地点からなるべく遠く離れましょう」などと注意を呼び掛けています。

 

 

有事が発生する可能性は低いですが、念の為に知識として知っておくと、何かあった時に助かる確率が高くなります。

 

 

武力攻撃やテロなどから身を守るために

 

 

 

 

核兵器が使われたなら、核による汚染を除去するすべを知らなくてはいけません。

 

河川の水や地下水ですら、放射性物質で汚染されますので、飲み水の確保が難しくなります。

 

しかしミネラルの力と特許技術のフィルターの力で放射性物質を除去する技術があります。

 

当社が扱うウォーターサーバーはその技術により、汚染された水も飲み水に変えることができます。