· 

お風呂の残り湯は捨てない

地震の時や有事のとき、断水になることがあります。

 

 

断水時には、お風呂の残り湯が

 

「水洗トイレの水」や

「手洗い」などの生活用水として使えます。

 

 

 

私たちが生きていくためには、飲み水だけでなく生活用水が必要です。

 

その生活用水に、お風呂の残り湯を活用しましょう。

 

 

日頃から、お風呂の水で掃除をしたり、

洗濯機の水に利用すると良いですね。

 

 

そして、

お風呂の水は、水の入れ替えのときまで流さない癖づけをしておくと良いです。

 

 

 

お風呂の残り湯は、

トイレや洗濯のほかに、火災時の初期消火に利用することもできます。

 

 

 

断水時のトイレでは、トイレットペーパーは流さず、

専用のゴミ箱を用意して、その中に捨てましょう。

 

 

便器の上から、渦ができるように水を流すと、少ない水の量で流れます。